精進の車旅
日本にはまだまだ見たことの無い景色がいっぱい!!バモスとともに旅に出ます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山形への旅 十三日目(11月2日) 最終日
 8時過ぎ皆生温泉を出発して境港へ。
 素泊まりだったので朝食は車の中で
 パンを食べました。


 new_PB021022.jpg
 水木しげるロードを見てきました。
 とはいっても車を降りて一時間ほど歩いただけですが、通りに
 妖怪のブロンズ像が点在しています。

 new_PB020914.jpg new_PB020938.jpg
 new_PB020972.jpg new_PB020953.jpg
 とても多くてすべてを見るにはちょっと時間が足りませんでした。
 20~30センチくらいの像ですが、その表情・佇まいが凄く良かったです。

 new_PB020956.jpg
 公衆トイレの標識まで鬼太郎。
 目玉おやじが車椅子ってのが笑えますね。

 new_PB021026.jpg
 途中道の駅“きらら多岐”で、カニのチラシ寿司を購入!!
 やっとカニにありつけました!!

 new_PB021030.jpg
 石見銀山の世界遺産センターという資料館によって
 石見銀山のことを勉強。
 間歩を見学するほどの時間が無かったのでそれは次の機会にお預け。
 何も知らずに行くよりも、知識を持って見学した方が絶対感動は
 大きいですからね。。

 その後、9号線→2号線で九州へ。
 20時ごろ無事に帰宅。
 本日の走行距離約390㌔

 今回の旅の総走行距離約3800㌔

 大きなトラブルも無く無事に帰り着きました!!
  
 
  


スポンサーサイト

テーマ:くるま旅 - ジャンル:旅行

山形への旅 十二日目(11月1日)
 綿波とろばこ亭で大満足の豪華な朝食を頂いて出発。
 見えなくなるまで玄関先で男性スタッフがお見送りを
 してくださいました。

 三方五湖のレインボーラインを通りました。
 有料道路で通常1000円のようですが半額期間だったようで
 500円で通行できました。
 new_PB010866.jpg
 向かい側左側の岬の先端に宿泊したとろばこ亭があります。

 new_PB010878.jpg
 とても天気が良く凄く気持ちよかったです。

 new_PB010882.jpg new_PB010883.jpg
 舞鶴では赤レンガ博物館にいって煉瓦の歴史を学びました(笑)

 new_PB010901.jpg new_PB010896.jpg
 new_PB010906.jpg new_PB010908.jpg
 赤レンガ博物館から赤レンガパークへ。
 戦時中は海軍の弾薬庫として使われた施設。
 いまは喫茶や工房、イベントスペースとして使われているようでした。

 PB010888.jpg
 隣には海上自衛隊があり、奥に補給艦おうみ の姿がみえます。
 あとあと調べたら全長221mあるようです。でかい!!

 この後、舞鶴の引揚記念館にも行きました。
 戦後、中国や朝鮮からの引揚げの様子や
 シベリア抑留者の厳しい生活や労働についてなどが貴重な資料とともに
 紹介されていました。
 ガイドの人の話では当時ことで分かっていないことも多々あるようです。
 70年ほど前のことなのに、詳細不明になるって悲しいことですよね。
 
 14時ごろ舞鶴を出発し、今日の目的地である鳥取の皆生温泉を目指します。
 山陰は高速が無いの昼間の移動は時間がかかります。
 18時到着予定が20時半到着になってしまいました。
 夕食は通りすがりで見つけたビュッフェのお店“日吉津のごはん屋”へ
 手ごろな価格で美味しく夕食を頂けました。。
 
 この日のお宿はちょっと残念な感じでした。
 
 本日の移動距離 約300㌔
 


テーマ:くるま旅 - ジャンル:旅行

山形への旅 十一日目(10月31日)
 8時に門前の湯をチェックアウト。
 素泊まりだったので朝食は途中道の駅で食べよう。ということになりました。

 道の駅“能生”でカニをたべよう!!と盛り上がっていたんですが、
 残念ながら食堂の開店は10時からだったようで、頂くことは出来ませんでした。
 結局、道の駅“親不知ピアパーク”でアラ汁定食を頂きました。
 カニは食べられませんでした・・・。

 今日途中あまり見るところが無く移動中心と思っていたのですが
 いろいろ調べてみると、福井の永平寺に寄る事ができそうだったので
 永平寺まで足を伸ばしてみました。

 new_PA310775.jpg
 両親にとっては、新婚旅行の時に来た思い出の地だったようです。
 永平寺というと、私の中ではNHKの“行く年来る年”の除夜の鐘 というイメージ。
 その大きさに驚きました。

 new_PA310776.jpg new_PA310779.jpg
 new_PA310781.jpg new_PA310790.jpg
 new_PA310813.jpg new_PA310816.jpg new_PA310823.jpg
 new_PA310827.jpg new_PA310830.jpg
 new_PA310850.jpg new_PA310853.jpg
 new_PA310855.jpg new_PA310861.jpg
 お寺の中は屋根続きでつながっていて、一部プライベートな場所以外見学することが出来ました。
 寺院の中は時間が止まっているような感覚のする場所で、座禅を組むのに適するというとちょっと
 変ですが、無心でいられる場所だと感じました。
 もみじが赤く紅葉していて、緑と赤のコントラストがとてもきれいでした。

 永平寺を出てからはひたすら高速を移動。
 今日の宿泊場所は、美浜町の綿波とろばこ亭

 ちょっと道に迷いましたが18時に無事到着。
 夕食無しのプランだったので、そこから外へ食べに出たのですが
 周りにはほとんどお店が無く、食べるところに困りました。
 19時閉店の小さなレストランにバタバタ入って、定食を頂きました。 

テーマ:くるま旅 - ジャンル:旅行

山形への旅 十日目(10月30日)
 8時半に宿を出て、直ぐ近くの山居倉庫というところへ行きました。
 “おしん”の撮影にも使われた場所らしく、とても味のある場所でした。
 今でも昔のまま米倉庫に使われてるという現役の倉庫です。

 new_PA300702.jpg new_PA300709.jpg new_PA300715.jpg

 new_PA300716.jpg new_PA300721.jpg
 new_PA300727.jpg new_PA300738.jpg new_PA300739.jpg
 new_PA300747.jpg
 画になる場所がたくさんあって、親子揃ってずっとカメラを構えてました(笑)

 
 new_PA300758.jpg
 山居倉庫から土門拳記念館へ
 初めてのカラーフィルムで撮った写真、というト書きが入った鑑真和上像の写真が紹介されていて、
 多少色あせていますと書かれていたんですが、全くそんな事無く、むしろ1950年に撮られた
 写真とは思えないくらい鮮明で、力強いものでした。
 昔というだけで頭の中で勝手に景色が色あせて、それがいかにも古めかしさの象徴となっているのですが
 実際に鮮やかな昔の写真を見ると、今とぜんぜん変わらないんだと当たり前のことなんですが
 実感させられました。

 new_PA300760.jpg
 人懐っこい猫と遊んで、鶴岡へ。

 new_DSCN0287.jpg new_DSCN0285.jpg
 鶴岡では、藤沢周平記念館へ行ったんですが、残念ながら水曜日は休館日。
 父が好きで楽しみにしていたんですけど、残念ながら見ることは出来ませんでした。

 羽黒でお蕎麦と麦きりを頂いて、移動スタート。
 7号線を南下して345号線で海岸線を進んで新潟に入り、チェックインに間に合いそうに
 無かったので途中から北陸道にのって今日の宿泊先である上越へ。

 今日の宿泊場所は、ホテル 門前の湯
 素泊まり、和室三人部屋で一人2600円!!
 今回の旅で一番リーズナブルで、一番良いお湯の宿でした。

 本日の走行距離約310㌔

 







テーマ:くるま旅 - ジャンル:旅行

山形への旅 九日目(10月29日)
 ゲストハウス梅鉢を後にして、まずは北上。
 今日は松島→石巻→平泉→酒田の行程で移動です。

 まずは4号線→45号線を使って松島へ
 
 new_PA290636.jpg
 なぜか松島にもくまモンが・・・。どこにでも出没しますね。。
 熊出没注意!!って・・・あれは北海道でしたっけ??

 new_PA290642.jpg
 雲が多い日 うす曇りの天気でした。たまに陽がさしてました。

 new_PA290649.jpg
 海岸線の沿いにある瑞厳寺

 new_PA290650.jpg
 松島は沖合いに浮かぶたくさんの島が防波堤の役割をしたため
 津波の被害は免れたそうです。
 免れたと言っても上の画像の示す辺りまでは津波が来たそうです。
 画像左側、遠くに通ってきた総門があります。

 new_PA290660.jpg
 本道は修復中とこの事で見学はしませんでした。

 new_PA290661.jpg
 松島から三陸自動車道で北上。
 石巻まで来ました。
 復興商店街の一つ、石巻まちなか復興マルシェに来てみたのですが
 残念ながら火曜日は定休日だったらしくお土産物屋さん一軒しか開いていなかったです。

 new_PA290668.jpg new_PA290669.jpg
 津波の爪あとが街のいたるところに残っていました。
 “これでも、ましになった方だよ!”と言われました。確かにそうだと思います。
 何にも出来なかった身で、興味本位で来るところでは無いようにも感じました。

 new_PA290672.jpg new_PA290675.jpg new_PA290683.jpg
 三陸自動車道を戻り、東北道に出て今度は岩手は平泉へ。
 中尊寺金色堂を観てきました。
 平安時代の末期に建立された総金箔張りの寺院。
 修復工事がされているとはいえ、その美しさには息を呑むものがありました。
 現在のコンクリート製の覆堂が出来る前以前の室町時代に建てられた覆堂は
 西側に移設され、中に入ることも出来ました。

 new_PA290687.jpg new_PA290691.jpg new_PA290694.jpg
 金色堂ばかり頭にあって、中尊寺の本堂へのお参りを忘れるところでした。。

 この後は、東北道→山形道で酒田まで。
 途中、宮城の菅生のパーキングエリアで牛タン定食を頂いて今日の宿泊地
 山形県酒田市の地蔵の湯に到着したのは19時でした。
 地蔵の湯は、温泉では無いようでしたが、朝食サービスがあって
 一泊4000円台とリーズナブルなお宿でした。
 
 本日は移動が高速メインだったため走行距離も伸びて
 本日の総今日距離 約400㌔
 

テーマ:くるま旅 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。