精進の車旅
日本にはまだまだ見たことの無い景色がいっぱい!!バモスとともに旅に出ます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HIDのHigh/Low調整の最適化
 旅の途中、夜の国道で対向車からパッシングを受けることが
 非常に多かったんです。
 8月に車検を通して、高軸調整はしているのに何故??
 と思って、いろいろ調べてみるとどうも装着しているHID本体に
 問題がありそうだと分かり、早速調整してみます。

 因みにHIDを装備したのは今年の6月。
 その頃からHigh/Lowの切り替えが曖昧な感じだな・・・って
 思っていたんです。

 new_DSCN0341.jpg
 小さな遮光板が逆を向いていますが、これは気にしないでください。。
 まず、カバーの内側をつや消しの黒で塗って光の乱反射を防ぎます。

 new_DSCN0342.jpg
 色を塗るとこんな感じです。
 乾いたら5分ほど空焼きをします。しないとヘッドライト内部に煙が充満し、
 リフレクタの曇りの原因にもなってしまいます。

 そして、次に発光部分の位置をハロゲンランプと比較すると、明らかに違っていて
 バーナーのスライド部分が伸びきっていない印象でした。

 new_DSCN0344.jpg
 早速分解して、仕組みを見てみます。
 流石安物!!と思えるくらい精度が悪い仕上がり、スライド部にガタガあります。
 それでいて入っているバネの力が弱い・・。
 Highにしたときは電磁石がONになって発光位置を本体側に近づけるのですが
 Lowの時はバネの力で外に押し出しす仕組みのようです。
 丁寧に組みつけてみると・・・ちゃんと出てくれるようになりました。

 new_DSCN0343.jpg
 右が分解・再組み付け後、左が分解前。
 どうも内部配線を組み付け時にうまく処理できていなかったため、
 スライド機構の邪魔をしていたようです。

 左側のバーナーも分解して調整し再度組み付けし直すと、ちゃんと右と同じくらい
 出てくれるようになりました!!

 これで、車に組み付けて夜確認してみました。
 まず、Lowがちゃんと近くを照らすようになったので、明るくなりました。
 High/Lowの切り替えもはっきりとして、以前のように曖昧さが無くなり
 遠くをちゃんと照らしてくれるようになりました。
 
 これで対向車からパッシングをされることも無くなるでしょう!!
スポンサーサイト

テーマ:DIY日記 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。